るいルイヴィトン財布ランキング9が強い|ルイヴィトンヴェルニバック るいルイヴィトン財布製品|るいルイヴィトン財布製品はどう 圣西亚鞋业


2015-02-18 16:21    るいルイヴィトン財布
 再び、鋭い声で背中を叩かれ、シノンはようやく歯を食い縛って悲鳴を止めた。首をわずかに動かして、黒髪を風になびかせるキリトの後姿を捉える。前方を睨み、限界までアクセルをあおりながら、キリトは強張っているがいまだ冷静な声で言った。 「シノン、このままだと追いつかれる。——奴を狙撃してくれ」 「む……無理だよ……」  シノンはいやいやをするように首を横に振った。右肩にはずしりとしたヘカート㈼の感触があったが、いつもなら闘志を与えてくれるその重みも、いまは何も伝えてはこなかった。 「当たらなくてもいい! 牽制だけでいいんだ!」  キリトはなおも叫ぶが、シノンは首を振ることしかできない。 「……無理……あいつ……あいつは……」  過去から甦った亡霊であるあの男は、例え対物ライフル弾が命中しようとも止まりはしない——とシノンは確信していた。牽制などが通用する相手ではない。 「なら俺にライフルを寄越せ! 俺が撃つッ!!」  振り向いたキリトは、黒い瞳を爛々を光らせ、歯をむき出して言い放った。  その言葉は、シノンの中にほんのわずかに残ったスナイパーとしてのプライドを揺り動かした。  ヘカートは……私の分身……私以外に……撃てる奴は……  途切れ途切れの思考が、回路をスパークする電流のようにシノンの右手を動かした。  のろのろとした動きで、肩から巨大なライフルを外す。シートの背に銃身を乗せ、恐る恐る体を起こして、スコープを覗き込む。  照準器の倍率は限界まで下げられていたが、それでも二百メートルの近距離ゆえに死銃の駆るバギーの影は視野の三割ほどを埋めていた。ピンポイントで体の中心線を狙うために倍率を上げようとしてから、シノンは伸ばした手を止めた。  これ以上拡大したら、フードの下の顔がはっきりと見えてしまう、そう思うと指が動かせなかった。厭だ、恐い、見たくない、そう胸の奥で呟きながら、シノンは右手をトリガーに掛け、狙撃体勢に入った。  死銃は相変わらず、左手に握ったベレッタを乱射していたが、さすがに突撃銃の片手撃ちでは照準が定まらないらしく、弾丸は左右に大きく外れていく。それでも、今にも再び銃をあのハンドガン、かつて詩乃が握った五四式黒星の再生した姿であるところの呪われた武器に持ち替えるのではないかと思うと、恐怖の冷たい手が心臓をぎりぎりと締め上げる。  一発、一発だけ撃つんだ、そう自分を鼓舞しながらシノンはどうにか人差し指を数ミリ動かした。視界に着弾予測円が表示された。