ルイヴィトンブレアmm包郵 louis vuittonルイヴィトンヴェルニ,安値売り出しルイヴィトンブレアmm|買ってルイヴィトンブレアmm贈り物 圣西亚鞋业


2015-02-07 11:44    ルイヴィトンブレアmm
「しかし、きみもこれでこの島にいられるな」 「そうですね」 「よかった。もし、きみが追い出されたりしたら、どうしようかと思っていたよ。もし、どうしてもラーゼフォンに乗れないようだったら、わたしに相談してくれ。なんとかしよう。まあ、隠居したじいさんだから、できることは限られてるが」  なんか胸があったかくなった。心から心配してくれている人がここにいる。そう思うだけで、うれしかった。 [#改ページ] 断章4 紫東 遙  やれやれ。  仕事で疲れきった体に家までの坂道はきつい。時計を見ると十一時をまわっている。もうだれも起きてないだろうな。と、ようやく見えた家の二階に電気がついている。綾人くんが起きているんだ。それだけで自分の足がちょっと軽くなるなんて、現金なものだわ。  家に帰りつくなり、そっと階段をあがり、襖の前で声をかける。 「起きてる?」 「ええ」 「ちょっといい?」 「どうぞ」  襖を開けると、ふわりと匂いがした。かすかだが、いままで家にただよったことのないジャコウに似た若い匂いだ。綾人くんは机にむかってなにかをしていたらしい。わたしが入ってきたのであわてて隠したのだろう、ノートの下から描きかけの絵がちらりと見えた。 「眠れないの?」 「ええ、まあ」