ルイヴィトンネヴァーフルmmダミエ

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null チェチリアは、金星《ウェヌス》と火星《マルス》を象徴する二人の神の名を口にした。ローマ神話の主要な神——美の女神と軍神である。彼ら二神の組み合わせは、古典古代の時代から、数多くの絵画や詩歌で取り扱われてきた人気の高い主題なのだった。 「さすがだな。レオナルドもそう言っていた」  壁際の素描を眺めて、ルドヴィコはつぶやいた。そこに描かれた女神の姿は、ボッティチェリが『プリマヴェーラ』にも描いた|美の女神《ウェヌス》に間違いないだろう。彼女と対《つい》を為《な》す男性神が軍神《マルス》だということは、背後の半獣神たちが抱えた甲冑と武具が表している。  半裸で眠っている軍神の様子は、それが房事のあとの気怠い眠りであることを連想させた。彼らの背後で踊る半獣神たちが、いたずら好きで好色な山野の精であることも、その素描をより扇情的に見せていた。 「たしかに艶《なま》めかしい絵だとは思うが、だからといってボッティチェリの性格に問題があるとは俺には思えぬ。そう言うと、あの男は哀れむように俺を見て笑ったのだ」 「では、もしかして閣下の相談事というのは——」 「ああ。その理由を知りたいと思ったのだ。とはいえ、この素描だけではな……これがどのような目的で描かれた絵なのかわかれば、あの男の真意も読み取れたのかもしれないが」  ルドヴィコは口惜《くや》しそうに唇を歪めた。チェチリアはそれを見て微笑んだ。  他国の政治家がルドヴィコを指して、獅子に似て狐に似る、と表現したことがある。勇猛さと知性を併せ持つという意味の警句である。それは宰相としてのルドヴィコの一面をよく表していたが、チェチリアはもっと簡単な言葉で彼を表現することができた。単純に、負けず嫌い、なのである。レオナルドのような奇矯な芸術家と気が合うのも、結局のところ彼らが似たもの同士だからなのではないかと思う。 「この作品は、おそらくボッティチェリ殿が、ヴェスプッチ家の婚礼のために描いた作品なのだと思います。夫婦の閨房《けいぼう》に飾るための壁画です」  食事を続けながら、チェチリアは言った。ルドヴィコが驚いて食器を鳴らす。ヴェスプッチ家はフィレンツェの名門の一族だ。有名だがミラノ公家とは直接の縁はない。 「どうしてそう思うのだ?」 「背景に雀蜂《ヴェスパ》が描かれていますから。ヴェスパとヴェスプッチ——簡単な語呂合わせですけれど、このような言葉遊びを芸術家は好みます。師匠《マエストロ》レオナルドも、閣下のために|桑の葉《モーロ》の紋章を描いたことがあったのではありませんか?」 「そうか……」  ルドヴィコは、うむ、と低く唸った。彼女が指摘した|桑の葉《モーロ》の紋章とは、レオナルドが、かつてルドヴィコの異称に着想を得て描いたものだった。本来モーロとは黒のこと。髪も目も黒く、浅黒い肌をしている宰相のことを、多くの者が畏敬をこめて、ルドヴィコ・イル・モーロと呼んでいる。 「雀蜂《ヴェスパ》はヴェスプッチ家の紋章か……名門の貴族なら、婚礼祝宴のための絵画をボッティチェリに発注しても意外ではないな」  感心したように何度もうなずいて、ルドヴィコは素描をじっと見つめた。やがて彼の表情に浮かんだのは新たな困惑だった。 「しかし、なぜそれでボッティチェリの性格に問題があるということになるのだ? 夫婦の閨房に飾るにはむしろ相応しい絵だと思うが……」
    2015-01-30 21:04
    ŗ 評論 0
発祥地|ルイヴィトンネヴァーフルmmダミエ
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ルイヴィトンネヴァーフルmmダミエ新型価格,レイユールネヴァーフル ルイヴィトンネヴァーフルmmダミエ包郵価格|買ってルイヴィトンネヴァーフルmmダミエ贈り物 圣西亚鞋业