ルイヴィトンオフィシャルサイト良いで_louis vuittonダミエグラフィットジッピーウオレットヴェルティカル,ルイヴィトンオフィシャルサイト販売公式サイト_ルイヴィトンオフィシャルサイト推薦 圣西亚鞋业


2015-01-27 10:53    ルイヴィトンオフィシャルサイト
 また、笑う。涙が溢れた。嘘だった。一目でわかってしまうほどに下手な、嘘だった。  歩みは心細い。今にも倒れてしまいそうなほどに、か弱い。それでも歩く志貴さまに、迷いは見られなかった。問いかけたかった。その歩みは、死を受け入れての迷いなき歩みなのか。それとも、わたしに不安を与えるためだけに、嘘をついたのか。  前者に決まっていた。けれど、後者であってほしいと、わたしは願った。 「志貴君。間に合ってよかった」  久我峰様が、志貴さまに近寄っていく。 「こんばんは、いい月夜ですね」 「これならば、秋葉様も少しは楽に逝けるでしょう」 「だといいんですが、往生際が悪くてね」  久我峰様が首を傾げる。志貴さまの不可思議な言葉に反応したのは、巨大な剣を携えた大柄な男だった。大剣を手のように操った大男は、何の躊躇いもなく志貴さまにその岩をも砕きそうな刀身を叩き付けた。  大剣は大きな音と共に地面に突き刺さった。  わたしには、その光景が信じられなかった。  志貴さまは、何事もなかったかのように、秋葉様を抱き上げていた。愛しそうに、大事な宝物のように。  わたしの目には、大剣が見当違いの場所に叩きつけられたようにしか見えなかった。けれど事実は違った。志貴さまは、避けた。目にも留まらぬ速度で振り下ろされたあの大剣を、何事でもないかのように、避けてしまったのだ。  その異常を最も敏感に感じ取っていたのは大剣使いだったのだろう。疑うまでもなく、達人であるはずの太刀筋を、ぼろぼろの優男に避けられてしまう。荒事には疎いわたしにも感じ取れるほど、異様な光景だった。 「秋葉、行こう」  志貴様が呟く。同時に、再び大剣が振り上げられた。志貴さまは気付いていないのか、微動だにしない。わたしが声を上げようとした瞬間── 「あ」  ──志貴さまの腕が、なくなった。